株式会社うなかみの大地は、消費者と生産者の笑顔を結ぶ会社です

「緑肥」を導入

070601%E9%87%8E%E8%8F%9C.jpg

JAちばみどり海上産直部会はパルシステム東京及びパルシステム連合会と大根、人参、レタス、とうもろこしなどの産直取引を行なっています。農薬削減のため、土作りからこだわりを持ち、マリーゴールドやえん麦などの「緑肥」を導入しています。
緑肥は播種前にすきこんで病害虫の発生を抑えたり、土壌バランスを調える堆肥と同じような効果があります。緑肥を入れることで、農薬散布や肥料の低減につながるということですね。また、緑肥という粗大有機物をすきこむことで土壌がふかふかになり保水性があるんですね。緑肥をすきこむ前と後では、畑の土のやわらかさが全然違いますよ!!
緑肥をいれることでメリットもありますが、デメリットもあります。病虫害対策といっても全ての虫に効果があるわけではなく、別の虫が増えてしまうこともあるのです。また、農薬削減により、手間がかかります。なんといっても草取りが大変です。「こだわる」ということは人手間がかかりますが、愛着も何倍も湧きます。孫のようにかわいいですね?。 石毛正敏

このページの先頭へ / TOPページへ