株式会社うなかみの大地は、消費者と生産者の笑顔を結ぶ会社です

6/23 塙谷津田の様子

 

こんばんは!うなかみの大地スタッフの坂本です。

 

うなかみ地域でも30度を超える日が出てきました。

早くも夏バテになりそうな暑さですが・・・。

この地域は夜になるととっても涼しくなるんです!

海や田んぼから涼しい風が吹いてくるので、暑さで

眠れなくなることはほとんどありませんよ。

 

さてさて、田植えから1か月が経ちましたが、

田んぼの様子はどうなったでしょうか?

今回は谷津田オーナーの皆さんの田んぼをレポートします。

 

まずは田んぼの入り口

「チームたかだJAPAN」さんたちの田んぼです。

稲の丈は20センチを超えたくらいでしょうか?

 

2011-06-23?japan.jpg

全体的に「イネドロオイムシ」の幼虫による食害が発生しています。

農薬によって防除することも可能ですが、この虫の特徴として、

この時期、幼虫の時に食害を引き起こし、成虫になると収まる

傾向にあります。 昨年も谷津田で発生しましたが、夏になると

食害で変色した部分も目立たなくなったという経験があるので、

今年も農薬に頼らずに食害が収まるのを待ちます。

それ以外ですと草取りが必要ですが、全体として順調ですね。

 

続きまして「ちーむぽかぽか」の皆さんの田んぼです。

2011-06-23?pocapoca.jpg
2011-06-23?pocapoca.jpg
 こちらも「イネドロオイムシ」の食害が見られます。田植え日が「チームたかだJAPAN」さんより

1週間後という事もあり、稲の丈は5?10cm短いですが、これから夏になれば追いつけますのでご安心を。

稲の株元には草や藻が沢山発生してきました! 草は次回来られる際には沢山取れそうな勢いです。

藻の発生の良し悪しはというと・・・。 答えは次回来られる際に石毛さんからお話がありますよ。

 

さて、お次は「チームまっこり」さんの田んぼです。

2011-06-23?maccori.jpg

2011-06-23?maccori.jpg

こちらも、「イネドロオイムシ」の食害が見られますが、先ほどの2枚と比べると比較的

被害が少ないかもしれません。チームたかだJAPANさんとの日韓対決!?

ですが、生育の差はほとんど差がないといえるので、今回は引き分けですね。

第2ラウンドの草取りで3チームの差が分かれるかもしれませんね。

 

ゴールの稲刈り(9月3日または4日)まであと2か月少々、

おいしいお米が食べられるようにサポートしますので、がんばりましょう!

 

スタッフさかもと

 

 

 

 

write!





TRACKBACK

このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://www.unakami-daichi.com/mt4/mt-tb.cgi/256

このページの先頭へ / TOPページへ